基本の和食器

和食器活用のコツやポイントをご紹介します



和食器の「箸洗椀」の使い方!

和食器の「箸洗椀」の使い方! 和食器の箸洗椀は、懐石料理の時などに使用するお椀です。
懐石料理をでは数種類の料理が用意されており、一つの料理を食べ終わると次の料理が運ばれて来ます。
運ばれてきた料理をそのまますぐに食べてしまうと、口の中に前に食べた料理の味などが残っている状態で食べてしまう事になります。
口の中で数種類の食事の味が混ざってしまう事になり、せっかくの懐石料理の風味を楽しむ事が出来なくなってしまいます。
このような事を防ぐために使うのが、和食器の箸洗椀です。
料理と料理との間に出す和食器で、次の料理の風味などを楽しめるように口を改める目的で使用しています。
使用するお椀の特徴は、他の懐石料理に使用するお椀よりも深さがあまりない事です。
懐石料理で使う場合は、八寸などの料理が出される前に使われる事が多くなっています。
箸洗椀に入っている吸い物などを食べる事で、お箸に付いた食べ物などを洗い清めるためにも使用している和食器です。

和食器の「箸洗椀」を使うタイミングとは?

和食器の「箸洗椀」を使うタイミングとは? 和食器を使用しての食事といえば茶懐石の場面を考えるのが一番わかりやすいです。
茶懐石では煮物椀のあとにしい肴等を出してから亭主相伴をします。
亭主相伴が終わると箸洗いとして、薄味の汁を入れた蓋つきの小さな細長い箸洗椀を持ち出して、煮物椀を下げるとともに、その小さな椀をそれぞれの前においていきます。
この椀の中には、くこの実や刻んだ梅等の小さな実が入っていて、煮物や焼物等をいただいた口の中をさっぱりさせる働きがあります。
この後に亭主は八寸と酒をいれた澗鍋を持ち出す手順になりますので、客は、亭主が連客全員に箸洗椀をだして退出した後、揃って椀を取りあげ蓋をあけて汁を吸い上げます。
この時箸を薄味の汁につけながらいただくので箸が洗えることになるのでこの名称でいわれます。
口の中をすっきりさせてこの後いただく八寸を美味しく味わおうとするわけです。
八寸を持ち出した亭主は客の前に進むと、箸洗椀の蓋を借りてそれに海の物、山の物と順次一つずつ取り分けるので、その時には椀の中はきれいにしておく必要があります。
このように和食器を使っての食事といっても特別の作法があるわけでなく基本的に出された時に順次いただくということが理にかなったやり方といえます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>