基本の和食器

和食器活用のコツやポイントをご紹介します



和食器の「小吸椀」の特徴とは?

和食器の「小吸椀」の特徴とは? 小吸椀(こすいわん、こずいわん)とは日本の伝統的な和食器の一つで、汁物を入れる小さめのお椀のことです。懐石では箸洗(はしあらい)とも言います。
主に食事の最後に少量の汁物をお出しする際に使う蓋つきの小さなお椀です。
ちなみに、大きさは直径が8~9cmで、直径13~14cm以上になると煮物椀になります。さらに、蓋の無いものは汁椀と言います。
何を入れるかはもちろん使う方の自由ですので、お味噌汁でもぜんざいなどでもかまいません。材質も様々で漆塗りからけやきでできたもの、中には金属でできたスタイリッシュなものまであります。
和食器らしいシックで上品な佇まいから、日本らしいものをお探しの外国人からも人気があります。
ホームパーティや大切な日の食卓など、小吸椀があるだけでお洒落で上品なテーブルコーディネートが完成します。
もちろんいつもの食卓で日常から使えば、自然と和食器の持つ独特の風合いや美しさが、より一層お料理の味を引き立てます。

退職祝い和食器の夫婦汁椀が人気!

退職祝い和食器の夫婦汁椀が人気! 退職祝いの贈り物として、和食器の夫婦汁椀が人気のようです。お疲れ様の意味を込めて、毎日お使いいただくものをお贈るのはいいですよね。
特に和食器と言うのは、定年される年代の方には受け入れられデザインですし、今は若い方も和食器に注目されているのでおしゃれな物が多く販売されています。
和食独特の風情ある色合いや落ち着きあるおももちは、毎日の食卓を和ませてくれることでしょう。
退職をされて忙しく働かれてた日々とは異なり、ゆっくり食事を楽しんでほしい気持ちの表れでもあります。
また夫婦おそろいの汁椀と言うのも意味深いですよね。夫婦いつまでも仲良くいてほしい気持ちが伝わります。
毎日おそろいの汁椀をお使いいただきながら、夫婦の会話を楽しんでいただきたいです。
最近では、旦那様の定年退職後の夫婦仲の悪さから、離婚へ発展することもあるそうです。
頑張って働いてきた旦那様、それを支えてきた奥様、お互いにお疲れ様の感謝の気持ちを持っていれば夫婦仲も円満です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>