基本の和食器

和食器活用のコツやポイントをご紹介します



和食器の「汁椀」の特徴とは?

「汁椀」の特徴とは? 和食器の汁椀といえば木目の美しく表れた木製のお椀や漆塗りのお椀があげられます。汁椀はその用途から毎日使用されるもの、なので堅牢であり、また熱い物をよそって、手に持って直接口をあてて食する器であるから、汁の熱さを保ったままで、しかも手に持てばその熱さを手に優しく感じられるように器の厚みが整えられています。西洋のボール類と違って椀の底は手掛かりとなるような形に作られ、しかも掌にしっとりなじむように丸く削られているのが形の上での特徴です。
表面は木目をそのままに透き漆で仕上げたものから、漆できれいに色をつけたものまで様々です。例えば岩手県で生産されている浄法寺塗のお椀は地元で採れる漆を使って7~8回繰り返し塗り重ねていきます。黒や朱の艶を抑えた塗りで、シンプルで落ち着いた風合いの堅牢なお椀です。使いこむほどに自然にうるし本来の艶が出てきます。
蒔絵や螺鈿等の装飾はなく素朴です。日常使いの和食器としては高価と思うかも知れませんが修理や塗り直しをすることで長く使うことが出来ますし、汁椀は毎日使うものですから自分の気に入りの物を選んで食の楽しみを増やしてみるのもよいです。

和食器の「汁椀」で毎日の味噌汁が特別になる!

和食器の「汁椀」で毎日の味噌汁が特別になる! 毎日の食卓で、味噌汁やお吸い物などの汁物を何に入れているでしょうか。最近では、安価なプラスチックのお椀もありますから、手軽になりました。しかし、それでは、何だか物足りない、もう少しいいものを使ってみたいという時は、和食器の汁椀を使ってみましょう。
汁椀といえば、漆塗りが一般的です。歴史的に見ると、お椀の形をした器は、縄文時代から使われていました。もともとは、土器のお椀でしたが、木工技術の発展とともに、木をくりぬいて作られるようになりました。漆塗りは、平安時代に生まれた技術で、木地の上に漆を塗ったものです。それによって、朱色や黒などの色をつけられるようになりました。また、お椀の生地を薄くすることができるようになりました。お客様のおもてなし用としてもいいのですが、普段使いをするのがおすすめです。
ぜひ、手に取って、しっくりとなじむ和食器を、毎日の食卓に取り入れてみて下さい。上品であたたかみのある汁椀で、いつもの味噌汁も特別なものになりますよ。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>